遺留分とは

《遺留分(いりゅうぶん)って?》

「遺留分とは何か」・・遺留分とは「相続人に法律で保障された最低限の相続分」のことです。
被相続人が亡くなったあと、相続財産は法定相続分に従ってわけられることが基本ですが、遺言書が残されていた場合、誰に何を相続させるかは、遺言書を書いた被相続人の自由です。しかし中にはすべての財産を特定の相続人に・・愛人に・・といった内容や、極端に少ない相続分を記されている相続人がいる場合があります。このような遺言も形式を満たしていれば有効です。また、生前のうちに特定の人に対して財産の大半を贈与してしまっているケースもあります。

生前贈与について、上限が決められているわけではないので、財産の大半の贈与をすることも可能です。しかし、相続人は財産があることを期待していると考えると、その期待を保護する必要もあります。また財産をある程度もらえないと、今後の生活が厳しくなることもあります。そこで、民法では極端な遺言が残されていた場合や財産の大半を生前贈与でなくしてしまっていた場合でも、相続人が最低限保障されるべき財産が相続できるよう定められています。それを「遺留分」と言います。

遺留分

遺留分の合計は相続全体の1/2
となります。配偶者のみでしたら、配偶者は1/2の遺留分があります。配偶者と子供がいたら、1/2を半分ずつ分けます(配偶者1/4、子供1/4)。上記図のように配偶者がいない場合、全財産を長女に・・と遺言があった場合、長男は法定相続分の半分の半分(本来2500万円相続するが、遺留分としてはその半分1250万)になります。そしてこの長男が亡くなっていた場合、その子(被相続人の孫)までは代襲が認められます。

遺留分が認められるのは、配偶者・子・親(直系尊属)までで、兄弟姉妹には遺留分が認められていません。遺言書で兄弟姉妹の取り分がゼロだったり、極端に少なくても、遺留分がないので兄弟姉妹は文句を言うことが出来ないと言えます。

関連記事

RELATED POST

この記事へのコメントはありません。

RECENT POST1

  1. 事業再構築補助金 公募始まる!

  2. 事業再構築補助金 申請に向けて

RECENT POST

  1. 事業再構築補助金 公募始まる!

  2. 事業再構築補助金 申請に向けて

  3. 事業再構築補助金②事業再構築のイメージ

CALENDAR

2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別アーカイブ

PAGE TOP
MENU
お問合せ

TEL:090-6954-8857

(月 - 金 9:00 - 18:00)カスタマーサポート