相続分について

《法定相続分》

法定相続分とは、遺産の分け方の目安を民法で定めているものです。
遺言書があれば、それに従って分け方を決める。遺言書がなくても相続人が全員で話し合い(遺産分割協議)、納得の上で分け方を決める方法もあります。全員が納得すれば、法定相続分は考えなくてもよいのですが、そのような場合だけでは解決しないことも多いです。
基本的な「法定相続分」はぜひ知っておいていただきたい内容です。

法定相続

①第一順位相続人の場合は1/2ずつ
配偶者は必ず相続人になりますので、「順位」は存在しません。配偶者と子供がいた場合、配偶者に1/2、子供に残りの半分が相続されます。子供が二人いれば子供は残りの1/2を均等に分けます。子供が二人であれば1/4、三人であれば1/6ずつとなります。
【代襲相続】二人の子供のうち、一人が亡くなっており、孫がいた場合は子供が相続するはずだった相続分は孫が相続することになります。(亡くなった子供の配偶者は相続人となりません)孫が二人であれば、亡くなった子供の相続分1/4を孫が半分ずつ、つまり1/8を相続することになります。(そもそもの子供に1/4ずつわたりますので、子供と孫の分配分は異なります。)

②第二順位相続人の場合は配偶者が2/3、直系尊属が1/3
子供がおらず、被相続人に直系の親があれば、親が第二順位となります。配偶者に2/3、親は1/3を均等に分けます。

③第三順位相続人の場合は配偶者が3/4、兄弟姉妹が1/4
子供がおらず、直系尊属も亡くなっている場合は兄弟姉妹が第三順位となります。またこの場合、兄弟姉妹の子供(甥、姪)までは代襲相続があります。被相続人の第一順位の直系卑属(子供、孫、ひ孫)は代襲が続きます。

なかなか考えられないところまで相続が及ぶんですね。甥や姪の相続分はかなり小さなものになりますが、疎遠であった甥、姪が法定相続分があるはずだ!と出てくる可能性がないとは言えないところが、法定相続分の怖いところでもあります。

関連記事

RELATED POST

この記事へのコメントはありません。

RECENT POST1

  1. 事業再構築補助金 公募始まる!

  2. 事業再構築補助金 申請に向けて

RECENT POST

  1. 事業再構築補助金 公募始まる!

  2. 事業再構築補助金 申請に向けて

  3. 事業再構築補助金②事業再構築のイメージ

CALENDAR

2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別アーカイブ

PAGE TOP
MENU
お問合せ

TEL:090-6954-8857

(月 - 金 9:00 - 18:00)カスタマーサポート