相続人は誰か

《相続人について》

遺言書の種類について簡単にご説明しましたが、ご自身亡きあとの相続とはどういうものでしょうか。
相続とはわかりやすく言うと、人が亡くなったときに、その人が持っていた財産を身内の人がもらいうける制度です。
亡くなって相続される人を「被相続人」、相続する人のことを「相続人」といいます。

いつ相続は始まるのでしょうか?
相続は、被相続人がなくなったときから始まります。被相続人が亡くなったことを相続人が知らなくても開始となります。

相続が開始されると(=被相続人が亡くなる)相続人は被相続人の一切の財産と債務を承継します。相続によってもらいうけるものには、プラスの財産(積極的な財産)だけでなく、マイナスの財産(消極的な財産)も含まれます。

誰が相続人になるかは民法で決められています。この民法の規定によって相続人になる人のことを法定相続人といいます。
法定相続人は、配偶者と血族相続人にわけられます。配偶者は相続順位の枠外の存在であり、被相続人に配偶者があれば、必ず相続人になります。内縁の妻や内縁の夫は配偶者ではないので相続人にはなれません。また、離婚した元妻や元夫も相続人にはなりません。

血族相続人には優先順位があります。先順位の血族相続人がいない場合(または相続放棄した場合)でなければ、後順位の血族相続人には相続権が回りません。

相続人イラスト【第一順位】
被相続人の子は第一順位の相続人です。養子、非嫡出子(婚姻関係にない男女の子)、離婚後疎遠になっている子もすべて相続人となります。また被相続人の子供が死亡していた場合は相続人の子(被相続人の孫)が相続人となります。これを代襲相続といいます。

【第二順位】
第一順位の子や孫がいない場合、直系尊属(被相続人の父母、祖父母)が相続人になります。

【第三順位】
第一順位、第二順位の血族相続人もいない場合、兄弟姉妹が相続人になります。兄弟姉妹が死亡していた場合には兄弟姉妹の子(被相続人の甥・姪)が相続人になりますが、甥・姪の子までは相続人になりません。兄弟姉妹の孫が代襲相続をすることはありません。

 

●ちょっと難しい?お話●

①血族・・血族には生物学上の血縁関係がある自然血族のほかに、養親子のように法律上の血族である法定血族もあります。なお、配偶者の血族や、婚姻関係によって成り立つ親族は血族とはなりません。

②相続順位(第一位:子)・・上記イラストのように血族相続人が存在しない場合、または相続放棄をした場合でなければ後順位の血族相続人には相続権が回って来ません。また、被相続人の実子で外に出た子も相続人になりますが、実親と親子関係を断つ特別養子縁組に出た子は実親の相続人となることはできません。
胎児については、すでに胎児の状態で相続する権利をもっているのですが、出生しなければ権利を行使することができません。つまり流産や死産の場合は相続人となることはできません。
また、被相続人の子が先に亡くなった場合や欠格事由(遺言書の偽造などの不正)、廃除(被相続人への虐待等の非行)によって相続権を失った場合、相続人の子が相続人になります。これを代襲相続と言います。

③相続放棄・・相続の対象となる財産はプラスの財産だけではありません。被相続人に借金等のマイナス財産があればマイナスの財産も相続することになります。プラスの財産よりマイナスの財産のほうが大きい場合に相続するすると損してしまいます。同一順位の相続人が全員相続放棄をした場合は、次の順位の相続人に権利が移ります。
子 ⇒ 直系尊属 ⇒ 兄弟姉妹
この場合、相続放棄をした子に子(被相続人の孫)がいても代襲相続は生じません。

なお、配偶者は順位の枠外なので、配偶者が相続放棄をしてもほかの誰かに相続権が移ることはありません。相続放棄は家庭裁判所での手続きが必要です。

 

次回は相続財産の分配についてお話します☆

 

☆今日の花言葉・・青いカーネーション「永遠の幸福」☆

 

 

関連記事

RELATED POST

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
MENU
お問合せ

TEL:090-6954-8857

(月 - 金 9:00 - 18:00)カスタマーサポート