こんな建設業経営者様におすすめのセミナーです

建設業許可取得のメリットは?

建設業許可を取るには、数々の要件をクリアしなければなりません。簡単に取れる許可ではないのです。だからこそ、取得した建設業者にはメリットがあります。

受注金額の大きな工事ができる!

建設業許可を持っていれば、受注金額の上限がなくなります

建設業許可を持っていない業者が500万円以上の工事を請けてしまった場合、懲役刑や罰金刑が科せられてしまい、その業者と取引をした元請け業者も監督処分の対象となってしまいます。

万が一、罰金刑を科せられると、その先5年間は建設業許可自体が取得できなくなります。

建設業者としての信用が上がる!

建設業許可は【役所のお墨付き】です

自社のホームページや名刺に許可番号を記載すれば、役所から「この建設業者は信用できますよ」という太鼓判をもらったことを元請け業者やお客様にアピールできます。

元請け業者との関係では、工事に入る条件として建設業許可取得業者としていることが多くあります。建設業許可を取得していれば、既存の元請け業者とも安定した取引を続けられます。

融資を受けるときに有利になる!

建設業許可を持っていれば融資のチャンスが広がります

公的融資機関や銀行等の金利の低い金融機関のほとんどが、建設業許可の取得を条件としているところが多いようです。

建設業許可を取得することで、より多くの工事を受注して、売り上げを伸ばしたり会社の規模拡大につながります!

建設業許可の要件とは

建設業許可を取得するには、以下の5つの要件をクリアしなければなりません

1.経営業務の管理責任者がいること
2.専任技術者が営業所ごとにいること
3.請負契約に関して誠実性があること
4.財産的気基礎又は金銭的信用性があること
5.欠格要件に該当しないこと

5つの要件をクリアしなければ建設業許可は取得できません

経営業務の管理責任者

営業所に常勤する経営業務の管理者がいることが必要です

(1)法人で許可を受ける場合
許可を受ける法人の常勤の役員(代表取締役・取締役)
(2)個人で許可を受ける場合
事業主本人または支配人登記した支配人

さらに、
(A)受けようとする許可業種で5年以上の経営経験があること
(B)受けようとする許可業種以外で6年以上の経営経験があること
いずれかの経験を有する者となります。

専任技術者

営業所に常勤する専任技術者が必要です

<一般建設業許可の専任技術者の要件>
1.許可を受けようとする業種について法律で定められた資格・免許を有する者(二級建築士、二級土木施工管理技士、二級建築施工管理技士など)
2.学歴、資格の有無を問わず、許可を受けようとする業種について10年以上の実務経験を有する者
3.大学所定学科卒業後、3年以上または高校所定学科卒業ご5年以上の実務経験を有する者

誠実性

請負契約に関して誠実性があること

3つ目の要件は、建設業許可を受けようとする個人事業主、使用人などが請負契約に関して不正又は不誠実な行為をする恐れがないことです。過去に不正、不誠実な行為がなかったかどうかについてチェックされます。

財産的基礎、信用

請負契約を締結し履行するに足りる財産要件

4つ目の要件は財産要件です。一般建設業許可の財産要件は次のいずれかを満たす必要があります。
1.自己資本金が500万円以上あること
2.500万円以上の資金を調達する能力があること→会社に500万円以上の預金残高がある状態でその金融機関から発行された「預金残高証明書」で証明します。

欠格要件

以下の欠格要件に該当しないことが必要です

1.成年被後見人、被保佐人または破産者でない者
2.許可を取り消されてから5年を経過しない者
3.廃業の届け出をしてから5年を経過しない者
4.不誠実な行為をしたことによって営業禁止を命じられた者
5.禁固以上の刑を処せられ執行が終わり、又は執行がなくなった日から5年を経過しない者
6.暴力団員による不当な行為の防止等に関する規定に違反し、又は刑法等で罰金刑を科せられてから5年を経過しない者

『要件はクリアできそうだ!』
事業の拡大、もっと生活を豊かにするチャンス
任せて安心!
高柳麻紀行政書士事務所に建設業許可取得のサポートをさせてもらえませんか?

建設業許可申請までの流れ

高柳麻紀行政書士事務所へ依頼して建設業許可を取得するまで

当事務所では、最初のご相談から申請書作成、窓口申請まですべて行政書士が一貫して担当します。無資格の補助者やアシスタントが業務を行うことは一切ございません。

ご相談

お電話またはメールにてヒアリング

御社が建設業許可を受けていただくために必要な基準を満たすことが出来そうか、建設業許可制度に詳しい行政書士がお話を伺います。

下調べ

ご経験資料、ご準備頂く書類について

建設業許可申請に必要となる、工事ご経験の証明書類(請負契約書・注文書・請求書など)を拝見いたします。行政書士が御社へ訪問いたします。また、建設業許可申請で必要な工事経歴書の作成方法について検討します。

新型コロナ感染症対策のため、しばらくの期間メール・郵送にて資料をご送付いただく場合がございます。

お見積り

取得を希望される許可の種類を決定します

建築業許可は「一般建設業」と「特定建設業」、さらに「知事許可」と「大臣許可」に分類されます。元請けの立場で4000万円以上の工事を発注するのであれば、「特定建設業」の許可が必要となります。

また、営業所が一つの都道府県内にある場合は「知事許可」、他都道府県にも営業所がある場合は「大臣許可」となります。営業所が複数でも同じ都道府県内にあれば「知事許可」で足ります。これらの違いにより、申請手数料が変わります。

ご契約

代理申請のご依頼をいただきます

建設業許可が受理される可能性が十分にあり、お見積りの内容をご確認いただけましたら代理申請業務委託の契約を締結し、代理申請業務の受任となります。

申請書類作成

申請書類を行書士が作成します

御社にご用意いただいた各種資料をもとに、行政書士が建設業許可申請で行政庁へ提出する各種書類をスピーディーになおかつ丁寧に作成いたします。

申請書類の確認

行政書士が申請書を作成後押印をいただきます

行政書士による建設業許可申請書類の作成が完了しましたら、ご確認をいただき建設業許可申請書類の必要個所に押印を頂き、行政庁へ納付する申請手数料をお預かりいたします。

行政庁へ

行政書士が代理申請いたします

行政書士が申請先の建設業課の審査窓口において代理申請を行います。御社の方が役所へご足労いただくことはございません。

建設業許可取得!

はれて建設業許可の取得です

行政庁へ申請してから、所定の審査期間を経て(知事許可→30~45日、大臣許可→120日)、御社あてに建設業許可通知が郵送で届きます。

これで御社も建設業許可業者です!

講師紹介  行政書士 高柳麻紀

プロフィール

行政書士 高柳麻紀(たかやなぎまき)東京生まれ、横浜市在住
青山学院大学文学部卒業 令和元年度行政書士試験に合格、令和2年10月開業
建設業許可、補助金・助成金申請、相続を専門分野とする。


幼少期、少し生活に窮屈さを感じており、広い家に住むのが夢であった。結婚後は念願のマンションを購入し、出産を機に退職。二人の子供に恵まれるも離婚によりマンションを手放した。シングルマザーとなり育児に奮闘。子供が成長し、広い住まいへの夢が再燃。生活の基礎である「衣食住」の「住」をになう建設業にたずさわる人と、出来上がった建物、建築物により我々は生かされていることを常に感謝し、建設業の発展に貢献したいと、行政書士を目指す。独学での挑戦は二度失敗し、三度目の試験で合格を果たす。
「大きな工事はできない・資金調達が難しい」と悩みを持つ建設業者様のサポートをしたい。建設業許可を取ることはその第一歩であり、相談にのり申請の代行をすることで行政書士としての役割を果たしたいと日々奔走中である。

建設業許可取得後に気を付けなければならないこととは?

【5年ごとに更新しなくてはならない】
建設業許可をうけ、ひとまずは安心・・ですが、この許可は更新をしないと、許可の取り消し処分が下されてしまいます!許可の有効期間はいつまででしょうか。
許可の日から5年目の「前日」をもって、有効期間は満了となります。
そして、その満了日の30日前までに、更新の手続きをしなくてはならないのです。
例えば令和2年4月1日が許可を受けた日だとすると、令和7年3月31日が満了日です。その30日前の令和7年3月1日までには更新手続きを行わないといけません。

【個人の方はご注意を!最初から法人がいい?】
建設業許可を受けるときは、個人・法人で違いはありません。しかし、個人が法人に変わるとき(法人成りをするとき)に、その許可は原則として引き継げません。法人設立時にまた一から許可を取り直さなければなりません。許可手数料も再度支払う必要があります。
将来法人化を検討されているのであれば、法人成りをしてから許可を取得することをおすすめします。

【変更があった時は届出が必要】
許可を受けたあと、申請内容に変更があったときは、その都度変更の届出を出さなくてはいけません。何を変更したときに届出を出すのか。例えば例を挙げてみます。
◇営業所に関する事項(商号や名称、許可業種、資本金、役員などの変更)
◇経営業務の管理責任者について(追加、氏名の変更など)
◇専任技術者について(担当業種・有資格区分などの追加・氏名の変更など)
◇専任の技術者以外の技術者について(国家資格者等・管理技術者)
都度、役所か行政書士に確認が必要です。

【決算変更届】
建設業を営む業者は事業年度終了後に、その事業年度においての会計状況の届出を行わなければなりません。これは決算期を迎えるごとに、毎回届け出ます。

 

聞くだけ聞いてみればいいか
今もそこそこ仕事は入ってくるし・・・

参加される前に念のためお伝えします。

下記の方は本セミナーには向きませんので、ご注意ください。

  • 現状の収入に満足している方
  • 行政書士に情報を開示したくない方
  • 経営者が行政書士と話をしない方
  • とにかくコストをかけたくない方

以下に該当する方には最適なセミナーです。

  • 真面目に経営をしている方
  • 事業の拡大を目指したい方
  • 行政書士としっかり相談したい方
  • 新しいことにチャレンジするやる気のある方
  • 建設業許可をもっと深く知りたい方
  • 資金調達が大丈夫か不安な方

私がこのセミナーでお伝えしたいのは、
建設業許可を取るチャレンジ・やる気を引き出して頂きたいということです。

取得が大変な許可だからこそ、今までより大きい工事がしたい!信用力を高めたい!とモチベーションを上げて頂きたいのです。

今回のセミナーでは、主に以下のようなことをお伝えしようと思っています。

  • 建設業許可を取得するメリット・デメリット
  • 許可取得のための5大要件の解説
  • 許可申請のための必要書類につ
  • 許可取得のための5大要件の解説
  • 建設業許可取得までの一連の流れ

セミナー対象の方

  • 初めて建設業許可を取得しようと考えている方
  • 過去に「建設業許可」を取得しようとしたが、難しくてあきらめた方
  • これから建設業で開業予定の方
  • 建設業許可の取得を考えているが、何をどうすればいいのかわからない方
  • 法人・個人・事業主の方

建設業許可取得セミナー参加特典

今回のセミナーにご参加された方には以下の特典をご用意しております

《特典1》
初回ご相談60分無料

《特典2》
許可取得後初工事受注で
お疲れ様会開催!

セミナー概要

日時

調整中

場所

調整中

講師

行政書士 高柳麻紀

費用

調整中

備考

経営者様だけでなく担当者様同伴も可能です。

このセミナーで学べること

建設業許可についていきなり電話で依頼ができますか?

建設業許可についての基本事項がわかっていれば、聞きたいことが的確に聞けるようになります。
建設業許可に関する基本を整理できるセミナーです。

申込み内容の入力

必要事項をご記入の上、確認画面へお進みください。
当フォームよりお申込み頂きますと、ご登録頂きましたメールアドレスに自動配信にてお申込み完了メールが届きます。

お申込み内容のご確認

以下の内容で送信してもよろしいでしょうか?
内容を修正する場合は、下に表示されている「入力画面に戻る」ボタンをクリックしてください。

お申込み完了

予約を受け付けました

受付完了自動返信メールが届きます。
届かない場合は迷惑メール扱いになったか、メールアドレスの入力ミスの可能性があります。
ご確認ください。

お名前必須

参加日時必須

メールアドレス必須

誤入力防止のために、もう一度入力してください

コメント

最後に、私の想いを少しだけ伝えさせてください。

最後に、私の想いを少しだけ伝えさせてください。

私は大きい家に住んでいる夢をよくみます。(本当に3回に1回くらい家の夢です)
暑くても寒くても現場で働いている建設業にたずさわる方は素直に尊敬しますし、ガテン系の作業服を着ている人や、現場を眺めるのが好きです。私は横浜市の郊外に住んでいますが、見渡す限りの住宅は建設業の方のお仕事なしにはありえない光景です。
建設業の大企業はほんのわずかであり、業界全体の99%以上は中小業者で占められています。許可を取るなど法律に詳しい事務員をおいているところはほぼないと思います。
もっとたくさんの建設業者の方により大きな工事を請け負ってもらいたい。生活を豊かにしていただきたい。そんな想いから「建設業取得」を専門に扱う行政書士になりました。健全にしっかりと収益を生み出す会社を増やしたい、中小建設業者さまの継続的な発展により日本が元気になっていくと信じております。
皆さまの夢への第一歩のお手伝いをさせていただければ幸いです。

高柳麻紀

PAGE TOP
MENU
お問合せ

TEL:090-6954-8857

(月 - 金 9:00 - 18:00)カスタマーサポート