遺言書の種類

《遺言書には種類があります》

まず普通方式遺言と特別方式遺言の二つの形があります。特別方式遺言は、事故・災害などで身に危険が迫っているときに利用できる形式です。ですのでほとんどの場合は普通方式遺言を使うことになるでしょう。

普通方式遺言の形のなかにも3種類の書式があります。簡単に特徴や、メリット・デメリットをお伝えします。

①自筆証書遺言

自筆証書遺言は特別な手続きは必要ないため、無料で時間と場所を問わず作成できることができます。遺言書を書いた事実を誰にも伝えなくてよいので、他人に遺言内容を知られることはないことはメリットと言えます。

ただし、遺言書を個人で管理するため、偽造や隠ぺい、ご自身亡きあと見つけられないといった可能性があります。
書き方、内容によっては不備として無効になってしまう恐れもあります。

令和2年7月より法務局での保管制度が始まりました。管理に関しては安心して任せられますが、本人が出向かなければならないなどの手間がかかることもありますので注意しましょう。

②公正証書遺言

公正証書遺言とは、2人の証人の立会いのもと、公証人が遺言者から遺言内容を聴き取りながら作成する遺言です。作成された遺言書は公証人役場で保管されます。専門家のもとで作成、保管する遺言書ですから内容に不備が生じる可能性は低く、偽造・紛失の心配もありません。確実性が高い遺言書となります。

しかし遺言書を作成する事前に公証役場に申請をする必要があります。さらに公証人に対しての手数料が求められますので手間がかかる形式でもあります。手数料は相続する財産額によって決定されます。

③秘密証書遺言

秘密証書遺言は、遺言者が自分で用意した遺言書を二人の証人と同行して公証役場に持ち込み、遺言書の存在を保証してもらえる形式です。遺言書があるという事実だけを確実にするのが目的になります。

手続きの際に、公証人や証人に内容を知らせる必要がないことがメリットですが、不備があっても指摘してもらえないため、秘密遺言証書の手続きをしていても遺言内容が無効になることがあります。

保管に関しても自身で行わなければならないので、紛失・盗難のリスクを避けることができません。確実性や安全性を考慮すると、公正証書遺言が断然お得です。よほど遺言内容を他者に知られたくない事情がない限りは公正証書遺言を選択することをおすすめします。

「うちには残すほどの財産はないから・・」「家族仲が良かったから揉めるはずはない・・」といった考えをお持ちでも、不動産・車・忘れていた通帳など、実際残されたご家族は細かい整理を余儀なくされることになります。「誰も動かないから私が動いたのよ!」「こんな通帳は知らなかったよ」など、ご自身の想像にはなかった問題が起こる可能性が大いにあります。

今は「終活」や「エンディングノート」などという言葉もある通り、個々の家庭事情でご自身の亡きあとどうすることが最善か、一昔前とは違った相続の形態になってきています。ぜひ、一度考えてみてくださいね。

 

 

関連記事

RELATED POST

この記事へのコメントはありません。

RECENT POST1

  1. 事業再構築補助金 公募始まる!

  2. 事業再構築補助金 申請に向けて

RECENT POST

  1. 事業再構築補助金 公募始まる!

  2. 事業再構築補助金 申請に向けて

  3. 事業再構築補助金②事業再構築のイメージ

CALENDAR

2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別アーカイブ

PAGE TOP
MENU
お問合せ

TEL:090-6954-8857

(月 - 金 9:00 - 18:00)カスタマーサポート