道路使用許可とは

道路は、本来人や車が通行する場所ですが、道路工事、建設や各種イベントの開催の場としても使用されることがあります。

道路交通法では、本来目的の使用以外の道路使用行為を許可の対象として、道路本来の効用を最大限にいかすように努めています。

《道路使用許可の対象とは》
①道路において工事又は作業をしようとする行為(第1号)
道路工事、管路埋設工事、地下鉄工事、マンホール工事、搬出搬入作業、採血等作業、住宅塗装工事など

②道路に石碑、銅像、広告板、アーチ等の工作物を設けようとする行為(第2号)
街路灯・消火栓の設置、バス停留所、表示施設の設置、アーカードの設置、立て看板・掲示板の設置、舞台・やぐらの設置など

③場所を移動しないで、道路に露店、屋台店等を出そうとする行為(第3号)
露店、屋台店、靴磨き等の店、商品の陳列台など

④前各号に掲げるもののほか、公安委員会が定める一定の行為(第4号)
祭礼行事、ロケーション、消防訓練、寄付金募集、宣伝物交付、車両街宣、路上競技など

このような規定がありますが、「そういえば、道路上で行われているなぁ」と思う事例やこれも??と思うものありますよね。
採血(献血)や御神輿を担ぐお祭り、靴磨き、寄付金や配りものをするにも、本来は道路使用許可が必要なんですね。

最近、住宅の外壁塗装を行う工事業者さんから「道路使用許可を取ってほしい」との依頼があり、調べました。
実際は許可を取らずに工事をしてしまうことがほとんどだったらしいです。が、近隣の方からの苦情が出たりすることも多く、許可証を取っておくと揉め事の予防になるとのこと。紛争の予防こそ行政書士の役割の醍醐味です!

あまり気にしたことがなかった事に行政書士のお仕事を通して気付くのは楽しいです^^

関連記事

RELATED POST

この記事へのコメントはありません。

RECENT POST1

  1. 事業再構築補助金 公募始まる!

  2. 事業再構築補助金 申請に向けて

RECENT POST

  1. 事業再構築補助金 公募始まる!

  2. 事業再構築補助金 申請に向けて

  3. 事業再構築補助金②事業再構築のイメージ

CALENDAR

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別アーカイブ

PAGE TOP
MENU
お問合せ

TEL:090-6954-8857

(月 - 金 9:00 - 18:00)カスタマーサポート