初めてのお仕事

《補助金のお仕事》

塾の仲間からの紹介で、補助金申請のサポートをするお仕事を頂きました。

一度助成金サポートをしてもらえないか、とのご相談を受けたことがあるのですが、その助成金は行政書士がサポートしてはいけないものでした。助成金は主に社会保険労務士の業務です。国など公的機関から企業に対して支払われるお金として、厚生労働省は助成金、経済産業省は補助金という呼び方をしています。厚労省の助成金は社会保険労務士、経産省の補助金は行政書士がお手伝いできることになっています。このように士業の中で請け負っていい業務は決まっています。例えば不動産登記は司法書士のお仕事です。各士業の業務範囲は法令に規定されていて、これを業際といいます。

お話を戻します。補助金は行政書士がサポートしていいとされており、今回頂いたのは「コロナ型小規模事業者持続化補助金」というものです。コロナ禍で昨年より売り上げが落ちてしまった事業者が、コロナを乗り越えて経営を継続させるために必要なお金を補助しますよというものです。

「給付金」はあまり厳しい審査はなく、申請をすればすぐにもらえるお金です。(悪用して捕まった人たちがいましたね・・)
対して補助金は採択されても、申請通りにお金を使い、事業継続の努力をした証明をした「後で」給付されます。
最初の申請で企業の概要や市場の動向、コロナで受けた売り上げの推移を示します。そのうえで、補助金を使いコロナを乗り切る方法、コロナ感染の予防を徹底することを明示して経営計画書を書かなければいけません。文書作成のプロである行政書士がその経営計画書のサポートをするわけです。

70ページに及ぶ募集要項を熟読して、非対面でのサービス提供や感染予防対策を導入することを考えたり、申請したい費用が規定されている費用に当たるかを商工会と相談しながら進めるのは、会社でお仕事をしている人には大変な作業です。この「大変な作業」のお手伝いをするのが行政書士の仕事です。

時間はかかりますが、やりがいがあって楽しいです!!

 

☆今日の花言葉・・レンギョウ「集中力」☆

関連記事

RELATED POST

この記事へのコメントはありません。

RECENT POST1

  1. 事業再構築補助金 公募始まる!

  2. 事業再構築補助金 申請に向けて

RECENT POST

  1. 事業再構築補助金 公募始まる!

  2. 事業再構築補助金 申請に向けて

  3. 事業再構築補助金②事業再構築のイメージ

CALENDAR

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別アーカイブ

PAGE TOP
MENU
お問合せ

TEL:090-6954-8857

(月 - 金 9:00 - 18:00)カスタマーサポート